Where bright
minds meet

Japan

クリフォードチャンスで働く

クリフォードチャンス法律事務所は、世界22カ国32箇所に展開するクリフォードチャンスの東京事務所として、他のオフィスと密接に連携しながらグローバルな案件を取り扱う国際的な法律事務所です。英国ロンドンに1802年に創立された法律事務所を起源とし、東京事務所は1987年に開設されました。現在、東京事務所には約50名が所属し、うち日本法の弁護士が約3分の2を占めています。
東京事務所では、多岐にわたる分野をコーポレート、ファイナンス及びキャピタルマーケットの3部門にわけて扱っており、日本法の弁護士と外国法事務弁護士が一体となって、国内外のクライアントに日本法の枠にとどまらない法的サービスを提供しています。コーポレート部門は、主にクロスボーダーのM&A、独禁法、会社法一般及び当局調査案件を、ファイナンス部門は、主にプロジェクトファイナンス、アセットファイナンス、M&A ファイナンス、輸出入ファイナンス、金融規制法及びフィンテックを、キャピタルマーケット部門は、主にサムライ債、ユーロ債、売出し、ストラクチャードファイナンス(証券化・デリバティブ等)及び不動産案件を扱っています。
東京事務所では、新人弁護士の方々に約2年半をかけて、3つすべての部門を経験していただいています。さらに、入所1年目から定期的に、クリフォードチャンスの他のオフィスの弁護士と肩を並べて、グローバルスタンダードなトレーニングを受けて頂いており、常に世界レベルのノウハウに触れることができます。
日本の法律事務所としての経験実績と、クリフォードチャンスならではの国際的経験及び世界的なネットワークを融合した、真に国際化された環境のもとでキャリアを積んでみませんか。クリフォードチャンス法律事務所では、やりがいのある仕事とチャレンジ精神に満ちた同僚が皆様をお待ちしております。

東京だけでなく、世界の優秀な同僚弁護士と互いに切磋琢磨しつつ成長できる環境で、あなたの弁護士としてのキャリアをスタートしてみませんか。

Our vision

We will be the global law firm of choice for the world's leading businesses of today and tomorrow. Attracting and retaining the best talent is central to reaching this goal.

Matthew Layton, Global Managing Partner